バイナリーオプションで稼ぐ方法をひたすら研究

バイナリーオプションは放ったらかしにしておいてはいけません

バイナリーオプション取引では、初めのうちは上手くいっていたけど、ある時から失敗続きだったというような話もよく聞かれます。そういう人たちは、初めのうちに上手くいったので、その後あまり気にしなくなり、放ったらかしにするようになったというパターンが多いみたいです。やはり、相場や、自分の取引の現状をこまめにチェックしないといけないのだといえます。
 こういったことは、だれでも、最初のうちは、きちんとチェックするものです。そして、上手く取引できると、だんだんと油断するようになってしまいます。しかし、相場というものは、急に変化が訪れたりします。そういうことをきちんとチェックして対応しないと大変なことになるのです。取引をおこなっている以上は、必ずこういうものを確認したいものです。
 また、ここまでいったら、一旦、売却するとか、ここまで下がってしまったら損切りするとかいったルールを設けておくことも大切です。これができれば、大きな損失を被ることも少ないのです。自分なりのルールにしたがって、取引をおこなうといいでしょう。このようなルールを設けていれば、放ったらかしにしてしまうことはありません。そして、毎日、自分の取引を状況をチェックすることにもなるのです。
 重要な決裁のタイミングを失わず、そして、損失も出さないためにも、常に状況を読むことが求められます。このような時間的な余裕というものも、バイナリーオプション取引には求められるのです。そして、決して、放ったらかしにしてはいけないのです。
参考:http://xn--eckm3b6d2a9b3gua9f2dv559eehd.jp/

 

 

筆者が最強と信じるFX手法

 

まず筆者が数百万円もFXで失ったことを告白しなければいけません。大量にポジションを持ちすぎ、急激な値動きに耐えられずロスカットの嵐にあい、こつこつ貯めたお金を一瞬で失うことになってしまいました。ビギナーズラックに気を良くして攻めすぎた結果です。もちろんこんな致命的な大敗を喫したのですから、精神的ダメージはひどいもので、チャート画面を見ることすらいやになりました。しかし、FXで失ったお金はFXで取り返すしかないと思い直しました。このまま負けを認めて引き下がるわけにはいきません。ひたすら節約し、資金を貯めて、実戦に復帰しました。資金が少ないので以前のような大勝負なんかとてもできません。とにかく負けない勝負をしなければいけません。2円ぐらい動いてから、やっと1000通貨を購入するというマイルールを確立しました。証拠金はレバレッジ3倍を限界値として、とにかくロスカットを食らわないよう注意しました。底と天井で大きく取引できるようにこれからも資金を貯めつつチャンスを待ちます。底では、豪ドル円かランド円など、高金利通貨を大量に買い、スワップを貯め続けながら、天井まで上がるのをゆっくり待ちながらポジションを保持しつづける戦略を練っております。逆に今は天井とにらんでまして、ドル円を上昇するたびに少量ずつ売りで取引し続けました。底に至ったら買いで決済し、利益を上げたいと思っております。今はチャートを見るのもデイトレもやめました。今後はスイングトレードしかしません。ずっと相場に張り付いたことが大敗北の最大の原因かもしれないと思ったからです。

 

 

FX1000通貨の仕組みを勉強して投資をしよう

 

FX取引は24時間いつでも取引ができます。株式や債券などは決まった市場でしか取引できませんが、FX取引は世界各国の市場で取引できます。外国為替市場は東京、シンガポール、ロンドン、ニューヨークの順番で開いて行きます。土日以外は24時間取引できます。   

 

FX取引は円とドル、円と豪ドルなどのように2国間の通貨を売買して取引します。FXのミソはFX会社に証拠金を預ければ、証拠金の最大25倍まで通貨を売買できることです。  

 

FX取引の基本は、為替相場の変動を読んで通貨の売買をすることです。今より円安・ドル高が進むと予想すれば円売り・ドル買いの取り引きをします。円高・ドル安が進むと予想すれば円買い・ドル売りの取り引きをします。予想通りに為替が動けば、売買して為替利益を確保することができます。  

 

またFXでは通貨同士の金利差が投資収益になります。例えば低金利の円を売って高金利のオーストラリアドルを買う取引では金利収入を得ることができます。これを「スワップポイント」と呼びます。ただしスワップポイントでこつこつ稼いでいても、一気に為替変動で利益を失う可能性もありますから要注意です。  

 

為替リスクや通貨の特徴などをしっかり勉強してFX取引をしたいものです。特に初心者の場合は1000通貨などの低い取引単位から始めるのがいいでしょう。

 

株式投資を始める4つのステップを紹介します。
一つ目は、トレダビ等株のゲームサイトに登録します。
確かに投資は馴れが必要です。アメリカの投資王のウォーレン・バフェット氏も
「少額でいいから投資をしなさい。株の本を読むだけではだめです」と主張しています。
しかし、いきなり現金でやるのは慣れないうちはミスが多いのでおすすめできません。
株のゲームで練習することをおすすめします。
二つ目は好きな会社の株を買います。
確かに、投資は調査が必要です。闇雲に買うと失敗するとプロの投資家も指摘しています。
しかし、株は前述したとおり馴れが必要です。
考えすぎるといつまでたっても買えません。
好きな会社を買うことをおすすめします。
3つ目は、買った会社の株価の売値を決めて、売る準備をすることです。
具体的には10パーセント上がるか下がるかしたら、売ると決めます。
初めて買う株は長期的な株価がわからないまま買っていますからいつまでももつのは怖いでしょう。
そこで、売値を決めて売るのをおすすめします。
下がった時の売値を決めて逆指値で入力します。このように株価が下がった時に損を抑えるために売る準備をして

おくと安心です。また、上がった時も指値指定で上がった時の目標株価を入力しておくと利益を確定しやすくなります。
最後に、株の入門書を読んで株式投資の基礎知識を身に着けます。
ここで決算書やチャートの読み方を抑えておきましょう。
そうすれば、いい会社をいいタイミングで買いやすくなりますから失敗しにくくなります。
以上が株を買う時の4つのステップです。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:52:24

株式投資の格言として有名な「人の行く裏に道あり花の山」についてですが、基本的にはあまりにも上昇しすぎたとき、下落しすぎたときに思い出すべき格言だと思います。
相場の過熱感を現す、指標等 目安となるチャートは存在します。
これを基に冷静な判断が出来なければ、高値を掴んだり、安値を掴んだりと損ばかりすることでしょう。
分かりやすく説明するのが一番かと思われますので、専門用語を控えて、簡単な 「人の行く裏に道あり花の山」の実践方法を書いていこうと思います。
今やアベノミクス効果により上昇気流に乗ってきた日経平均株価と円安ですが、過熱しすぎた側面、NY株式市場の流れを受けて、方向感に欠けているのが現実だと思います。
しばらくは、行ったり来たりの相場展開が続くでしょうし、NYを中心とした世界情勢から ギリシャ問題 原油安問題と難題山積しておりますので、実際には いつ急落してもおかしくない側面を持ち合わせている現実は忘れないほうがいいでしょう。
皆が、まだまだ上昇すると思っているときほど、いつ急落してもおかしくありません。過熱感を示す指標には十分な警戒が必要な相場展開が現在の日経平均であり円安です。
では テーマとなる格言について、単独でどんどん上がっていく優良銘柄を見つけるのは至難の業かと思います。
皆が、いったいどうなるんだろう?そんな風に思う不景気の底にこそ、チャンスはあります。
日経平均が7000円割り込むような、谷底にあるときこそチャンスなのです。
日経平均に釣れ安した、優良銘柄を買えばいいのです。そんな簡単な方法で、長期投資にはなりますが、儲けさせて頂いた経験が何度かあります。
実際に 購入したのですが、10年前 やはり日経平均が 7000円のころ 三菱UFJ銀行を12万円で購入しました。2年後には 120万円で売却。
又同じく 日経平均が7000円の頃 コマツを9.5万円と 9万円で200株購入。一年後に 100株20万円で売却。
何も考える事はありませんでした。チャンスを逃さない事です。それだけの事で うまくいくと一攫千金となります。
そんな深い意味が 格言にはこめられている事が多いです。古より先人達が考えだした事です。大きな意味があったりする現実は忘れない事だと思います。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:52:24

私が株式投資を始めたのは今から約10年前の二十歳の時、個人投資家の投資が丁度加熱していた頃で、簡単にと言ったら語弊がありますが相場が上り調子の為トレンドな会社で、特にIT系のライブドアを筆頭に投資をすればだいたい儲かるような熱気のある相場でした。
学生だったため学校の休み時間や、昼食中に売買したり、夏休みなどの長期休暇の時は毎日パソコンの前に張り付いて、デートレードや週単位で売買するようなスタイルで月で6,7万ほどプラスになった月もありバイト代よりも多い月もあり有頂天になっていました。
そんな私にビギナーズラックも長く続くわけもなくライブドア事件が起こり、今なら迷わずあの事件の影響でどんなことが起きるのかもわかっている為、損切を急いでするでしょうが当時の私はその影響を理解せず手を打たなかった為当時の評価額が1週間ほどで7割ほど下がったのを今でも鮮明に覚えています。
結局価格は戻らず、一人暮らしを始める1年半ほどそのまま放置していましたが、再開後は無理なくリスクを回避するため色々な業種に分散して購入するようになりました。
しかし、リーマンショックなどを体験しなかなか思うようにプラスにはならないもんだなというのを嫌というほど実感させられました。
株の投資は人生のように山あり谷ありで、調子のいい相場だったりさすがにここまではいかないだろうと思っていても、そのだろうがある怖さもありますが、塩漬けになっていた株が急に動いてここまで上がったのっていう事もありやはり相場を読むのは難しいですね。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:52:24

4年程前からドルコスト均等法を用いた投資信託を行っていました。
ドルコスト均等法とは相場に関わりなく、定期的に一定の金額を投資するという手法です。
最近は少額投資の環境が整っており、毎月500円からの投資信託の運用が出来ます。
私の場合は複数のファンドに毎月1000円ずつ、10本のファンドに投資信託を行っていました。
合計にすると月に1万円です。
設定した当初は相場の波に簡単に流され、評価額が投資額を下回ることもあったのですが、
1年を超える位から安定し始め、評価額がプラスで安定してきました。
ドルコスト均等法の素晴らしい所は、購入のタイミングに悩まなくて良い点だと思います。
頭を悩ませ、解析して購入しても自分の予測とは異なる方向に相場が動くことは珍しくありません。
プロの方でも、経験豊富な方でも100%予測が当たる方はおそらくいらっしゃらないと思います。
まして、一般の方であれば予測が外れる可能性は決して消し去ることは出来ません。
その点、ドルコスト均等法では積立対象のファンドを最初にを十分に吟味しすれば購入は毎月自動的に
行われます。心配であれば始まったばかりのファンドではなく、大きく実績のあるファンドを選ぶのが安心です。
一つのファンドのみではなく、複数の違う値動きのするファンドに分散して設定することでよりリスクを下げることが出来ます。
最後に、定期的にリバランスをすることが大切です。所有している複数のファンドのバランスを調整することです。
購入後大きく値上がりしたファンドを売り、下がってしまっているファンドを買い増すことです。

そうすることで、利益を確定するタイミング、および、値下がりして買い時であるファンドを買う事にもつながります。
以上、投資初心者の例ではありますが参考になれば幸いです。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:52:24

株式投資を始めてから2年ほど経ちます。まだまだ初心者ですが、私の行っている株式投資のトレード方法についてお話します。私は日中はサラリーマンをしていますので、市場が開いている間はトレードができません。そのため、週末で割安株をリストアップし、平日帰宅後、エントリーまたは決済のタイミングをうかがうといったサイクルで投資をしています。私は株は資産とみなさず、お金を増やすためのツールと考えています。ですので、株を2週間以上持ち続けることはありません。2週間後に含み益が出ていようが、出ていまいが関係なく、決済を行います。ここが株式投資で勝つためのポイントだと思います。含み損の株は、今は含み損だけれども今後上がるはずだと根拠のない理由をつけていつ上がるかわからないのを待ち続けるのは非常に効率が悪いです。もしかすると、もっと株価が上がるチャンスのある銘柄があるかもしれません。資金効率を意識して株式投資を続けていきましょう。このいわゆるロスカットが積極的にできるかできないかで今後の収益も変わってくるでしょう。ロスカットは勇気のいる行動です。損を覚悟で決済するわけですから。しかし、そこでなぜ損失を出したのか考え、次に繋げられれば損失分が勉強代だと思えばいいと思います。損失はなるべく出したくありませんが、現実問題でてしまうのは仕方の無いことです。大きな利益を求めず、なるべく損失を出さない投資方法が株式投資初心者にはいいでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:52:24

株式投資はなにも日本に限らず、世界中の会社に投資する事も可能です。日本の証券会社でも外国株を取り扱っている会社はたくさんありますし、新興国の銘柄に投資したい方は
現地に赴き、そこで口座を開く事が可能な場合もあります。日本はバブル経済崩壊後、長期に渡る株式市場の低迷が続きました。その間、中国を始めとするアジアの目覚しい成長の中、中国株やベトナム株に高い人気が集中しました。外国株投資は、為替リスクや流動性リスク、その国の政情などのリスクが存在するため、リスク管理に関しては更に高いものが必要とされてきます。ただ短期的な利ざや稼ぎではなく、長期的な視点で成長性の高い銘柄に投資するのであれば高い利回りを期待できます。日本の経済はアベノミクス相場もあり、ここ数年、非常に高いパフォーマンスを出しておりますが、非常に厳しい財政状況、社会保障費の負担、少子高齢化の急速な進展を考えると、今後も高い成長が望めるかと考えると、不安を持たれている方も多いと思います。米国株を含め、世界各国の株式市場を勉強する事は、投資を行うかどうかに関わらず、世界経済を学ぶのに非常によい方法だと思うので、投資に興味のある方は付き合いのある証券会社の方や、オンライン証券を利用されている方は自身の会社のHPから取り扱い銘柄等を確認されてはいかがでしょうか。名前は聞いた事のある会社が沢山存在すると思います。外国株投資は以外と身近なものです。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:51:24

将来に不安を感じるようになってから投資信託を始めました。それから早3年の時間が経ちましたが、当初購入した投信を今も持ち続けているわけではなく、
途中で売却して別の銘柄に買い換えました。
当初は日本国株式、日本国債権、海外株式、海外債権のファンドをそれぞれ一定額積み立てるように注文をしていましたが、現在は先程の4つ+Jリート・海外リートが
盛り込まれたバランスファンドを積み立てて購入しています。
バランスファンドを選んだ理由として2つあります。
1つはコスト面です。 一般的には同等の分散投資を行う場合にはバランスファンドよりインデックスファンド複数で自分で設計した方が
コストが安く済むと言われていますが、ここ数年でバランスファンドでもコストが十分安く、分散効果を得られる銘柄が出てきました。
このような背景から、バランスファンドの方がむしろ低コストで維持できるように感じ始めました。
もう1つが、日本を対象とした投資先に日本国株式の個別銘柄取引を始めるようになった事です。
日本国株式は個別銘柄で、日本国債権は預貯金でと既に大きな割合を占めていた為、投資信託でも日本を対象とした投資割合が大きくなると
分散効果が薄いと実感しました。
それによって、現在は投資信託では外国の割合を多く、日本は個別銘柄と預貯金でカバーという感じで投資しています。
目先の目標として、個別銘柄で得た利益で投資信託の積立金を賄えるようになれればと思っています。
まだまだ老後は先の話ですが、長期的に見てこれからもスタイルを変えながら過ごしていきたいと思います。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:51:24

日本国株式投資を始めて早3年が経ちました。始める前は投資というのはリスクが高く、うかつに手を出すと痛い目を見る危ないものだと思っていました。
しかし、現在の心境ではやっていない事の方がリスクがあると感じるようになりました。
その理由として下記の2つが挙げられます。
まず「リスクとリターンの関係性」を投資をしなければ学ぶ事が出来なかったからです。
普通に会社勤めをしてその働きに対して得られる給料は確かに貴重ですが、言ってしまえば働いた事に対して当たり前に得られる収入だと思っています。
しかし、株などの収入は当たり前ではなく、時としてマイナスになってしまうかもしれないというリスクを持ちながらいかにそのリスクをコントロールするかによって
得られる産物だからです。
このリスクコントロールを実践する事によって、世の中の様々な事に対してコストパフォーマンスを意識するようになりました。
もう1つは、「経済は世界の様々な要因が影響して上下を繰り返しているもの」だという事を本当の意味で理解できるようになりました。
株価の上下は企業の実績やスキャンダルなどによって上下する事が多いですが、それ以外にも為替市場であったり他国の経済状況によっても影響を受けるものと
理解できました。
以前は為替や他国の経済状況には目を向ける事がなかったのですが、株取引によって世界の動向に目を向けるよいきっかけとなりました。
こうした日常生活の送り方にいい刺激を受けた株式投資は自分にとって大切なツールだと思っています。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:51:24

世界中で、通貨戦争が勃発するかもしれないです。

 

『逆張り』
下落相場で、強さを発揮します。
相場が反発することに賭ける手法です。

 

『トヨタ自動車のMIRAI』
首相官邸に納入されて、安倍晋三さんが乗っていました。
完全に、国策ですね。

 

『日銀の金融政策決定会合』
来週、開催されます。
原油安やスイス・ショックに対するコメントが聞きたいです。

 

『スイス』
スイス・フランをユーロに替える市民が、長蛇の列をなしていました。
スイスの国民にとっては、嬉しいことでしょう。

 

『英国を拠点にしているアルパリ』
スイス・ショックの影響で、破綻しました。
強制退場を食らった個人投資家は
世界中で、大勢いるはずです。

 

『クリスティーヌ・ラガルドさん』
国際通貨基金の専務理事です。
スイス国立銀行の決定に、異論を唱えていました。

 

『投資銀行のモルガン・スタンレー』
20日に、決算を発表します。
MSCIという世界的に使われている指数を開発した金融機関です。
モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルの頭文字を省略した言葉です。

 

『ドイツのDAX指数』
10000の大台に乗せています。

 

『ドル』
ユーロに対して、11年ぶりの高値を記録しました。

 

『FXにおけるフラン・ショック』
経験の浅い投資家よりも、経験のある投資家が痛手を被ったようです。

 

『決算を発表した世界最強のゴールドマン・サックス・グループ』
株価は、小幅安でした。

 

『世界的に有名な時計のメーカー』
スイスに多いです。
スイス・フランの急騰で、苦しい経営を迫られることになります。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:51:24

スイス国立銀行が金融政策を変更したので(ユーロ買いの為替介入を終了)
世界中の金融市場が、大混乱に陥っています。
ユーロ買いという為替介入を実施していましたが
ユーロが下落して、多額の含み損を抱えてしまうことになってしまいました。
もうすぐ、欧州中央銀行が量的緩和を始めるので
それに対して、先手を打った格好です。

 

『昨日の日経平均株価』
一時、下落幅が500円を超える大荒れ相場でした。
ファーストリテイリング1銘柄だけで、約60円を押し下げていました。

 

『ドル円の為替レート』
ニューヨークの市場で、円安へ振れました。

 

『ニューヨーク・ダウ』
やっと、続落地獄がストップしました。

 

『週明けの日経平均株価』
200円ぐらい、上昇しそうです。

 

『スイス・フラン』
ユーロに対して
一瞬で約40%、変動しました。
これだけの変動は、記憶にないです。

 

『世界の為替マーケットから』
しばらくの間、スイス・フランという通貨が消えました。
為替市場の歴史に残る大事件として、後世に語り継いでほしいです。
昨日は、すべての投資家にとって特別な一日でした。

 

『1月25日』
ギリシャの総選挙が行われます。
さすがに、ユーロからの離脱はないでしょう。
ユーロから離脱すれば、破綻する可能性が大きいはずです。

 

『1月19日』
アメリカ合衆国は、市場が休場です。

 

『スイスの株価指数』
中央銀行が金融政策を変更した影響で、急落しました。
逆に、ユーロ圏の株価は急騰しました。
ユーロ安の恩恵を被った形です。

 

『世界の為替業者』
スイス・ショックの余波で、破綻するところが相次ぎそうです。

続きを読む≫ 2015/06/24 07:51:24